ここでは、「HELLPAINTER」が日ごろどの様にキット(ガレージキット)を
ペイントしているのか、その一端をご覧下さい。
とは言っても特別な事は何一つありませんが。
完成品になってゆく過程を知っていただける事と、
ご自身でペイントされるときに何かの参考にしていただければとの思いでアップさせて頂きました。
ペイントに正解、不正解は無く、当工房のペイントもほんの一例に過ぎません。
基本は「楽しく塗る」事が一番です。
それではお気軽にお楽しみ下さい。

BACK TO TOP


◇プレデターを塗る
タイ製 オリジナルプレデター
1/5スケール コールドキャスト製

完成写真



■1(@〜E)

  2(F〜K)

    3(L〜FINAL)

@コートウィズペイント初のプレデター塗装例です。
まずは従来通りに各パーツを湯銭して、パーティングライン等をエポパテにて成形します。
右腕のバンドから下の部分と、左腕の肘から先(エイリアンの頭含め)を外れるようにしておきます。
全体にムラ無くサーフェイサーを吹いて、下地準備完了。






A肌の一番下になる(肌色に赤、黒を少々)を混色し、肌部分のみに吹き付けます。
陰影等は気にせず一気に塗ってしまいます。






Bここからは少々面倒な作業になりますが、エアブラシにて白に近い肌色を
細かくムラムラと吹き付けます。
納得がいくまで何日かかろうが、丁寧に吹き付けていきます。

このときに体のアウトラインに当たる腕、ボディの側面及び後頭部、背中等は
下地の濃い色を残しておきます。






C次はブラシにて血管と斑点を入れていきます。
何処に血管を入れるとか、斑点をどれくらい描くとかは、塗る方それぞれのセンスによるものなので
楽しくとにかく時間をかけて、疲れたら休んでの繰り返しです。

血管の色も何色でも良いと思いますが、比較的赤よりもグリーン系の方が
現実感が出るのでは?と思っております。







Dここで薄く溶いた肌色を好みの感じになるまで、少しずつ吹き重ねていきます。
以外とこの作業が難しく、吹きすぎると今までの仕込みが台無しになりますし、
あまり吹かないと、見た目にうるさいボディになってしまうので、慎重に作業をします。






E体側面のブラウンを薄くシャドゥ部分に吹き付け、コントラストを調節します。
黒に少々肌色を加えた色で、斑点を吹き付けます。
中心は小さく、外側に行くに従い大きな柄に変えて行きます。
ここも人それぞれの感覚なので、特に決まりは無いと思います。
外側の斑点を3個ずつくらい、つなげて行っても蛙っぽい柄になるので面白いと思います。




NEXT→