ここでは、「HELLPAINTER」が日ごろどの様にキット(ガレージキット)を
ペイントしているのか、その一端をご覧下さい。
とは言っても特別な事は何一つありませんが。
完成品になってゆく過程を知っていただける事と、
ご自身でペイントされるときに何かの参考にしていただければとの思いでアップさせて頂きました。
ペイントに正解、不正解は無く、当工房のペイントもほんの一例に過ぎません。
基本は「楽しく塗る」事が一番です。
それではお気軽にお楽しみ下さい。

BACK TO TOP


◇脩壱版バッタ男を塗る
 NSNR
1/6スケールキャスト製

■@〜D

 F〜FINAL

@NSNR脩壱氏原型の「バッタ男」です。
今回はソイレントグリーンとはちょっと違う、少し皮膚が厚く強そうなグリーンにしてみようかと思います。

まず本体をくみ上げ、ベースをエポパテにて製作します。
私の場合この時点でベースに接着してしまいます。
ペイントが終了するまで、全てベースを持ちながらの作業になります。






A下地として薄めた溶きパテを塗ってあげます。
サーフェイサーを吹くよりも、入り組んだところまで入って行くので私はいつもパテを塗っています。






B溶きパテが乾燥した後、ベースカラーとしてアイボリーを吹き付けます。
乾いたらブラウン+ブラックを固い毛の筆で、ランダムに色を飛ばします。
後々この上に色がかぶっていくので、最終的に残しておきたい部分を集中して飛ばしていきます。







Cシャドゥ部分にオレンジ+フレッシュ混色を吹き付けます。
腰や股などのエッジ部分にも軽く吹き付けておきます。
この時点で最終的な色のイメージが確実に無いといけないので結構イロイロ考えながら作業してます。







Dここでバッタ色のグリーンを吹き付けます。
アイボリー、オレンジを残しながら慎重に少しずつ進めていきます。
今回はライダーっぽい色にならないように、気をつけて進めていきます。




NEXT→