ここでは、「HELLPAINTER」が日ごろどの様にキット(ガレージキット)を
ペイントしているのか、その一端をご覧下さい。
とは言っても特別な事は何一つありませんが。
完成品になってゆく過程を知っていただける事と、
ご自身でペイントされるときに何かの参考にしていただければとの思いでアップさせて頂きました。
ペイントに正解、不正解は無く、当工房のペイントもほんの一例に過ぎません。
基本は「楽しく塗る」事が一番です。
それではお気軽にお楽しみ下さい。

BACK TO TOP


◇脩壱版バッタ男を塗る
 NSNR
1/6スケールキャスト製

@〜D

F〜FINAL

E先ほどのグリーンに黒を混色した物を、パンチを出したい部分に吹き付けます。






F筋肉組織の部分にレッド+ブルー少々+フレッシュ混色を筆にて塗って行きます。
目のベースカラーであるブラウンも筆にて入れていきます。
さらにアクセントを強く持たせるために、顔の中心や腕、足各部分にブラックを吹き付けます。

この時点で筆を入れられる場所は大方塗ってしまいます。
白にて各部分に斑点を書き込みます。






Gココで一発目のトップコート(半光沢)を吹き付けます。
ツヤが出たので、色が相当締まって見えています。

全体のコントラストを確認しながら、先ほどの白斑点の中に黒斑点を入れていきます。
口周りや胸周辺を面相筆にて描き込んで行きます。

凶悪さを出したかったので、歯はあえて黒系にしてみました。
表情に合わせて眼球のパターンを描き込みます。

そしてこの時点で、ベースも塗ってしまいます。
本体に使った同系色の色で塗って上げると、面白くなります。







Hさらに筆を入れ続けモールドを際立たせるため、溝の影をヒビ模様にて繋げて描いてみました。
どの状態で見ても立体的にヒビに見えるよう、白系の色にてヒビの上部のみに描き込みをいれます。

股の筋はあえて黒ラインを入れてみました。
本来ライダーはシルバー系にてのラインですが、ここは一つ逆の色でアンチカラーと言った所でしょうか。

もう一度全身にトップコート(半光沢)を吹き付けます。
トップコート乾燥後溶剤にて、薄く溶いたブラックを全身にウォッシングし、
最後のトップコートを吹き付けます。






Iトップコートが乾いたら、眼球、口、爪などにクリアーを入れて完成です。

一週間毎日見続けて気になる場所がある場合、ここから何日も筆を入れてしまったりします。
写真で見るより実作業は混沌としております。


夜食は控えめ! 常に換気は忘れずに!!!




←BACK