ここでは、「HELLPAINTER」が日ごろどの様にキット(ガレージキット)を
ペイントしているのか、その一端をご覧下さい。
とは言っても特別な事は何一つありませんが。
完成品になってゆく過程を知っていただける事と、
ご自身でペイントされるときに何かの参考にしていただければとの思いでアップさせて頂きました。
ペイントに正解、不正解は無く、当工房のペイントもほんの一例に過ぎません。
基本は「楽しく塗る」事が一番です。
それではお気軽にお楽しみ下さい。

BACK TO TOP




◇半魚人 ブラックラグーンを塗る
1/6スケールキャスト製

完成品写真はこちらから



@〜E

F〜L

M〜R


@
Sヘイズ原型の約1/6陸上用ペンチャップマン演じる半魚人のキットです。
今回は本品を塗ってみます。
いつものごとく塗り方と言うよりも、大方こんな感じで塗ってますと言った雰囲気で見て下さい。

まずキットを洗剤などで洗浄し、両足首のみ3oの真鍮線で繋ぎ組上げます。
気泡を確認しながらエポパテで埋め、サフェーサーを吹き付けます。







A
最初の一発目の色です。画像では少々解りにくいのですが、
ザクの色に少々グリーン+ブルーを加えた感じのベースカラーです。
ギルマンのボディカラーは、昔よく紙面等で掲載されていたゴールドだと言う意見もありますが
どうやら人工着色の写真らしく、メイキングやDVDのコメンタリー等によると
実際は落ち着いたモスグリーン系のようです。
この色はそれらと私のギルマンに対するイメージを合わせたカラーにしております。







B
先ほどのベースカラーに白を足した物と、黒を足した物2色を作り
ハイライトとシャドウに分け、吹き付けて立体感を出します。
強めに差を付けてこの時点では塗っています。







C
ギルマンにとってサイドビューも大きなポイントになるので、
時間をかけ一段づつ鱗の段差を丁寧に吹き付けてやります。
ヒレ部分は根本より先端を暗い色にてブラシしております。



Dここからは一番日にちを要する行程に入っていきます。
ベースカラーに白や黒、赤等を混色し、写真のような6色を使用します。
傍らに必ずぼかし用の溶剤を用意します。
これらの色は色4:溶剤6の割合で薄めたものです。







E
先ほどの作業を繰り返し行い、ここではヒレの根本や唇などにピンク系を吹き付けています。
特には虫類や魚介系の要素の入ったデザインには、ピンク系を混ぜてあげると
リアル感がアップするので、私の場合比較的シャドウ部分にあえて
ピンクを持ってくることが多いです。
(ライトを当てすぎて撮影したため、色が分かりにくくてスミマセン)


BACK