ここでは、「HELLPAINTER」が日ごろどの様にキット(ガレージキット)を
ペイントしているのか、その一端をご覧下さい。
とは言っても特別な事は何一つありませんが。
完成品になってゆく過程を知っていただける事と、
ご自身でペイントされるときに何かの参考にしていただければとの思いでアップさせて頂きました。
ペイントに正解、不正解は無く、当工房のペイントもほんの一例に過ぎません。
基本は「楽しく塗る」事が一番です。
それではお気軽にお楽しみ下さい。

BACK TO TOP

◇ライングクイックペイント
(ライングフィギュアを簡単に仕上げる方法)

※完成品製作依頼時の製作工程とは異なります。
ご了承ください。


1/6 スケールキャスト製







@RI001
今回新製品のサイレントヒル2よりライングフィギュアの塗装工程です。
いつものようにザックリとした感じで気軽に見てやってください。

まずキットを湯銭し、真鍮を通して組み上げた後にエポパテなどでスキマを埋めます。
下地材としてサーフェイサーを吹き付けます。
本体を持たずに塗装するため、この時点でベースにくっつけてしまいます。
なお本キットにベースは付属しておりません。

一発目フレッシュを吹き付けます。






ARI002.
シャドウ部分にダークブラウンを吹き付けていきます。
真上からライトを当て、影の出来た部分に吹き付けてやると言った感じです。






BRI003.
フラットブラックを更に影になる部分に吹き付けます。
先ほどのダークブラウンを少々残す感じです。
ライングは、すねから下はほぼ黒なので色の重心、
バランスが出しやすい楽なキャラです。
後ろに写っている攻略本イラストを見ていただくと分かると思います。








CRI004.
一度トップコート半光沢を吹き付け、乾いた後にブラウンを溶剤で薄め
ジャブジャブと全身に塗っていきます。
同じ場所を3回以上擦ると、下地が取れてしまうので注意して進めています。








DRI005.
乾いた後にアイボリーに若干の白を混ぜた物を、
全体のトーンに注意しながら吹き付けていきます。
実は先ほどの行程の色の方が、
絵に近かったような気がして「ちょっと色が違ったかな?」
といった不安を抱えながら塗っています。
でも吹き付けないと気が済まないんです。




ERI006.
再度トップコート半光沢を吹き付けます。
それによって下地の色が浮き上がって、また赤みが出て一安心。
何年経っても塗装はドキドキモノです。







FRI007.
トップコートが乾燥した後に、セミグロスブラックを溶剤で薄め
モールドに流し込んでいきます。
全体的にのっぺりしないよう、ペイント時に細かく色が張って行くことを
想定してキットのモールドを作ってあります。







GRI008.
エアブラシ作業は終了で、後は完成までひたすら筆を入れ
インパクトの強くしたい部分に再度アイボリー、ブラウンなどで描き込んで行きます。
気が済むまでひとしきり描きまくった後に、
血管モールドに一番明るい色で立体感を持たせます。
顔面から胸にかけての亀裂(ゲーム中で毒霧を出す部分)に
更に黒を流し込み強調させます。

ここでやっとベースをペイントです。
薄いグレー、暗いグレーに若干の青みを持たせた物をランダムに筆で叩いていきます。
アクセントとしてサイレントヒルの町中に見られる、血を引きずった跡を
大きな筆で一気に描いていきます。
ベースの〆として、小口に黒を吹き付けます。








HRI009.
少々やり過ぎた感があるのですが、CGと立体物は違うので
私としてはこれくらい色を入れた方が良いのではないか。
といった解釈です。
全体に最後のトップコート半光沢を吹きつけ、
体の中心の溝にクリアを刺して終了となります。
自分の中でのライングフィギュアはこんなイメージです。
もっと赤っぽくても黄色っぽくても良いかもしれません。
ご購入頂いた方は是非各々のイメージで、
楽しんでペイントしてみて下さい。
キット自体も2パーツで気軽に組めますので、
初心者の方も是非トライしてみてください。







BACK